サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します

このページの位置は

IR情報

IRポリシー

IR活動の目的と基本姿勢

当社では常に誠意を持った対応を旨とし、当社の経営戦略や財務状況等に関する情報を「正確」「迅速」「積極的」「公平」「適時」「適切」に提供する事を基本姿勢としています。株主、投資家を含む当社のあらゆるステークホルダー(利害関係者)にその内容を的確に理解していただけるよう努める事で、信頼と正当な評価を得る事を目指します。

情報開示の方法

適時開示や法令で開示が定められている項目については、東京証券取引所の提供する「適時開示情報伝達システム」(TDnet)・メディアへの資料配布(プレスリリース)での発表を行ないます。また、情報開示の「適時性」「公平性」の観点からTDnet及びプレスリリースにより公開した情報につきましては、本ホームページ上でも速やかに公開します。

適時開示規則に該当しない情報を開示するにあたっても、適時開示規則の趣旨を踏まえて適切な方法による開示を行ないます。

IRポリシーの社内徹底

当社は本IRポリシーを折に触れ全社に浸透、徹底する事を目指します。また、投資家からの問い合わせは、IR担当部署が責任を持って対応します。これは、当社とその社員の証券取引法を含むあらゆる法的責任から保護する事を目的としています。

業績予想及び将来の予測に関する事項

当社が開示する情報の中には、将来の見通しに関する記述が含まれていることがありますが、それらは開示時点で入手された情報に基づいて作成しており、常に最新情報を反映しているものではありません。したがって実際の業績は様々な要因により、これらの見通しと異なる結果となる可能性がありますことをご承知おきください。

株価情報について

当ウェブサイト上で公開している株価情報は、野村證券株式会社の株価情報提供のウェブページへリンクするものであり、当社が自ら提供する情報ではなく、その内容を保証するものではない旨、あらかじめご了承願います。

IRの自粛期間

当社は、各四半期の決算発表日から遡る3週間を「IRの自粛期間」とさせていただいております。当該期間中は、決算内容に関してコメントする事や、質問にお答えする事を控えさせていただきます。ただし、公表済みの業績予想から大きな乖離が見込まれる場合においては、適宜、情報開示を行ないます。

ページの先頭へ戻る